読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愛」日記

愛について 平凡な女子大学生がたくさん考え、奮闘していきたいと思います!

彼のこと


こんにちは!くりーむぱんです。


改めまして

私のことを説明させていただくと

20代前半の女子大学生で、

東北地方で実家暮らしをしています!


彼氏はアラサー。

東京でITエンジニアをしています。

現在、私達は 絶賛 遠距離恋愛中です!!



私は、今まで一人の男性としかお付き合いをしたことがありませんでした。

その人とのお付き合いのときは、

「いつも私を 彼女 として大切にしてほしい。」

「お姫様扱いされたい。」など、

あまりにも子供っぽい考えが当たり前だと思って

“恋”を楽しんでいました。



しかし

その人と2年半お付き合いした後に、


今の彼と運命的な出会い(ネットですすみません笑)をしたことで

私の恋愛観が変わりました。


彼は、人に関して彼なりの価値判断をする際に

地位や名誉など

目に見えるものや 社会的なものではなく

「人格」に重きを置きます。



皆さんは、

アメリカの心理学者 マズロー が説いた

『欲求階層説』というものを知っていますか?


詳しくは、こちらのサイトを参考にしてください。↓↓↓

http://viral-community.com/starting-side-business/maslow-hierarchy-of-needs-4710/


これは、『自己実現理論』とも呼ばれるもので

マズローは「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である。」と言っています。


さて、なんの話をしたかったかと言うと

彼はその「自己実現」を実現させちゃっている人なんです!

一言でその根拠を説明することは難しいのですが、彼は自己実現者の特徴にほぼ当てはまっています。


ではでは、その点については今度話すとして笑


具体的に、彼がどれだけ素敵な彼氏なの?

どれだけの恋愛をしてるの?と聞きたくなることでしょう。



そこでまず初めに、言いたいことは!!

彼はぶっちゃけていうと

社会的なステータスは決して高くない

(低収入、アラサー、学歴も身長も低い)

ただの笑顔が可愛い男性だという事。


そして、経験人数がかなり多い

一見チャラい人だということ(経験人数1人という私からすると天敵…)


彼は私と付き合うときに言いました。

「俺は、恋愛というより 人としての成長をして くりーむぱんに貢献するから。」と。

そして、私に対しての態度も全てそう。


恋愛としてのキュンキュンもたくさん(時々?)ありますが


私達が過ごす時間の中で1番多いのが、

議論の時間。

最近のニュースや、政治経済

私の専門科目(教育、心理学) 、彼の専門科目(IT、コンピュータサイエンス

など様々な議題について

拙いながらも教えあったり話し合ったりしています。

私の教え方が下手な場合は

「はじめにこの実験の目的を伝えないと、聞いてる人は混乱するよ。」などと言って

私の話し方についても指導してくれます。



彼は、学歴は低いのですが

留学の経験があり、英語がペラペラ

視野がとてもとても広い自由主義者です。


それに対し、私は

今でも門限22時という厳しい家で育っている

保守的で すねかじりの女。


彼は、自分の経験や知識を

私以外も含め誰に対しても

アウトプットし、誰かの助けになることを願っています。

損得感情を抱くことはほぼありません。

自分の得にならなくても、彼の財産である知識を気軽にアウトプットします。


そして、どんなことにでも 自分が興味をもったら 能動的に行動し、さらなる経験を積みます。


そんな姿に感銘を受け、私は自分の視野の狭さを知りました。

そしてその私の成長を、彼は誰よりも喜んでくれます。


そして、私は彼氏は「私の欲望を叶えてくれるためにいる人」ではなく

「愛し合い、共に良い方向に成長していきたいと思える人」だということを知りました。


恋ではなく「愛」を受け取ったことで

私も彼を愛せたのです。


私は、彼の好きなところを人に聞かれた際に

一言で言うと「人として尊敬できるところ。」と大声で答えますが

細かく挙げて良いとすれば、100個近く言えるという自信があります(最低でも50個は挙げた経験あり)。


彼は結婚するには不安な部分も多いひとですが

私は彼を大事にし続けたい こんな素敵な恋愛はないとそう思っている毎日です。



遠距離恋愛 年の差カップル


こんにちは、くりーむぱんです!


皆さんは、

エーリッヒ・フロムが書いた

『愛するということ』

という本を読んだことがありますか?

f:id:xlovehappy:20160725112355j:plain


私はこの本を、彼に初めて会った日に

彼からプレゼントされました。


彼にとって大切な本の二冊の内の一つだそうです。(もう一冊については、近々話したいと思います。)



彼は「この『愛するということ』を実践できている人と出会えたなら、今すぐにでも結婚したい。」と言っていました。


私はそれを初めて聞いた時、

「人を愛することなんて皆できるんじゃないか?」と考えました。



しかし、フロムは愛の難しさを説いています。


愛するためには 技術を学ばなければいけないということ。

人々は、「愛されたい」と日々思い、愛に飢えている。

そして、上手くいかなかったら対象が変われば愛が得れると考えているがそうではない

自分の人格を高め 強固な決意の中で愛さなければ、愛を得ることもできないということ。


私はこの本を読むまで 彼と出会うまでは

誰かに必要とされたい、

もっと可愛くなれば愛されるんじゃないか、

恋愛って相性もあるし難しい とばかり考えていました。

愛を学ぼうともせずに。


しかし、初めて誰かに 本当に 愛されてみて

愛、そして人格について多くの発見がありました。



そもそも、私と彼との出会いはネットです。


元彼に振られ、自暴自棄になっている時に

チャットで 日本の教育について、真面目に議論しました。


彼の視野の広さや 話のうまさ そして顔のかっこよさに惹かれ(笑)私は彼と連絡先を交換しました。

ちなみに、今は遠距離恋愛 +11歳差という年の差カップルとして 7ヶ月付き合っています。


次回から、彼が私をどのように愛してくれているのか 詳しく書いていきたいと思います。

愛 について書きたい知りたい!


皆さん、はじめまして!!


わたしは くりーむぱん と言います!

ごくごく平凡で 拙い文章を書く

女子大学生です。

就活が終わったばかりで一安心〜〜!



私には、今すごく大切だと思える人がいます。

女子大学生にありがちな話でしょうがそれは…


そう、彼氏!!!



その人は 

私の人生にとって有益な経験である

ただの「恋」ではなく 「愛」を体感させてくれた人です。


私はまだまだ「恋」傾向の脳みそで彼を見てることが多いので

「愛」を知る彼がここに書き込む方が何百倍も良いことだとは思います。


が、しかし!実際に 愛されてみた 私が

彼とのこと 愛のこと 私の成長を赤裸々に書いていくことで

恋愛で悩んでいたり、愛について考えている方々と気軽に交流していけるのではないかと考えました(彼氏には秘密です…!)



単なる惚気にならないように頑張ります(無理な時もあります笑)ので、どうかよろしくお願いします!